パザパ

パザパ pas a pas ・・・フランス語で一歩一歩。頑張らずでも一歩一歩前に進める日々を願って・・・

秋晴れの日が続いています

毎日空が高くて、雲ひとつない秋晴れの日が続いています。季節は晩秋に近づいていて、街路樹の銀杏も少しずつ落葉のときを迎えています。相変わらずコロナ禍にあって、遠出をする勇気もなく狭い我が家の庭の木々や花を眺めてはその向こうに広がる高い空を仰ぎ見ては、秋だねとひとり呟いています。日々がゆっくりと静かに過ぎ去っています。私はただ淡々と黙々と目の前のことを行い、丁寧に食事を作り、美味しくいただき、夜はぐっすりと眠る、そんな日々を繰り返して続けています。ヨーガの指導という私の仕事は、コロナ禍より始めたZoomを使ってのリモートヨガと、三密を避けての対面ヨガと、それにラインのビデオ通話を使った個人レッスンと、コロナ前より多忙になっています。こんな状況下にあっても、体もこころも元気で、仕事が出来ていること、僅かながら誰かのために役に立てていることを本当にありがたいなとつくづく思います。

f:id:chezk087:20201113145431j:plain

先日の土曜日、「ヨガ&グッドライフ福岡2020」(福岡県、TNC主催)というヨガのイベントがあり、私が所属する日本ヨーガ療法学会の理事長木村先生のご講演があり、私もお手伝いをさせていただきました。そのセミナーにラインのビデオ通話で個人レッスンをしている方もご参加いただきました。画面上でしかお会いしていない方と初めて生?でお会いできることを実はとても楽しみにしていました。受付にいると「二宮先生、〇〇です」と声をかけられ、とっさにその方があのビデオ通話の方だと気づかずうろたえてしまいました。いつもかけているメガネを外していらっしゃったし、マスクをしていたので全くわからなかったのです。数秒後やっと気づいた私。なんと間抜けな私だろう!と恥じながら、お元気なそして若々しい姿にじわじわと嬉しさがこみ上げて来ました。

f:id:chezk087:20201114100757j:plain

市立美術館の2階にあるレストランがセミナーの会場でした。木村先生の向こうには紅葉に染まる公園の木々が絵画のように広がっていました。「世界はヨーガセラピーを待っている」という演題で、ストレスフルな今だからこそ、ヨーガの指導基準を学び伝えていくことの重要さを語られる先生のお姿に、改めて背筋が伸びる私でした。私の生徒さんも何人かご参加下さいました。講演後、温かいご感想をいただきこれからも皆さんの期待に添えるよう一層に学びを深めていかなくてはと背中もいっぱい押されました。

f:id:chezk087:20201114114534j:plain

セミナー終了後降り立った大濠公園の真上には、眩しいほどに真っ青な空が広がっていました。雲ひとつない快晴の青い空、雑念が一切湧いていない晴れ渡ったこころを見るような、澄み切った空でした。
今年も残り1ヶ月と2週間になりました。夫が逝ってから1年が過ぎました。夫の最期の時がコロナ禍の今でなくて良かったなぁとしみじみ思います。だから一層、今辛いお別れを受け入れない思いで過ごされている方たちを思うと胸が痛みます。喪失の悲しみは時が立てば癒えるものではないと思わされる日々です。時が立てばまた新たな悲しみが静かにひっそりとこころの隙間にやって来て、その思いは今更誰にも語れぬまま、我こころの内に沈殿していくように思います。癒えない悲しみがあるからこそ、他の人の悲しみを我がことのように受け止められる。他の人の優しさに改めて気づかされる。

f:id:chezk087:20201115210926j:plain

夫が2年前に庭に植えた菊?が今年も咲きました。オレンジ色の元気が出る花です。明るく楽しいことが大好きだった夫に似合う花です。写真の側に友人からもらった柿と一緒に供えました。大好きだった芋焼酎も添えて。もうすぐ夫のいない2年目の年末&年始がやって来ます。私は変わらずに自分の責務を果たし、決して多くを望まずゆっくりと2020年を終えたいと思っています。変わらずの一歩一歩。

*最近観た映画
 「朝が来る」 河瀬直美監督作品   「ミッドナイトスワン」 草彅剛主演
 「スパイの妻」 黒沢清監督

日曜日は何にもしない日

コロナ後、何故か完成オフの日は日曜日だけになった。で、日曜日は何にもしない日に決めた。と言ってもいつもはほったらかしにしてる家事は山積みだし、とにかく午前中は庭や家中のお掃除を頑張る。6時過ぎに起きても、すぐにお昼がやって来る。日曜日くらいお外でランチしたいけれど、コロナの感染拡大ゆえにじっと我慢して、冷麺を作る。2日前に作った鶏胸肉の蒸した残りものを活用する。残念ながら写真はない。

梅雨明け後、急にら30度超えの暑さになった。で、美容院に行き刈り上げた。夏はこれに限る。

f:id:chezk087:20200802211745j:plain

午後からはひたすら読書とお昼寝。両方とも私が大好きなこと。休みの日は自分の好きなことをする。リセットの時間。読んでた本は「ザリガニの鳴くところ」ディーリア・オーエンズ著。

湿地帯に生きたカイアと私がひとつになる。私の前にノースカロライナの湿原が現れ、カモメが空を舞う。小説の世界にどっぷりと浸りながら、生きている命の今を想う。この本に出会えたことに感謝した。良い日曜日だった。f:id:chezk087:20200802181736j:plain

夕飯はカマスの塩焼き。マテ貝の酒蒸し。庭で採れたゴーヤのサラダ。その他いつもの常備菜。変わらない夕飯。変わらない日々を送れることに感謝しなくては。また忙しい1週間が始まる。コロナ禍の日々にあっても、変わらずに私は私の日々を丁寧に、大切に過ごしていこう。変わらずの一歩一歩。

 

 

 

4連休が終わりました

Go to travel  の掛け声は完全に無関係のまま、どこにも旅せずにいつもと全く変わらずにスタジオのレッスンとリモートでのヨガのお仕事をこなし、ほとんど在宅で過ごした。唯一23日は姪っ子の次男、上川周作くんが、かなりの脇役ながら出演する映画「劇場」を観に行った。実は私は原作の又吉直樹さんの隠れファンで、彼の作品はほとんど読んでいる。舞台となった下北沢はかって何度も足を運んだ場所。劇場は観客と演者がひとつになる熱い世界だった。コロナの今、すっかり遠くなった思いを抱きながらも引き込まれていく。熱くぶつかり合ったかっての日々も懐かしく思い出しながら、主人公の揺れ動くこころに切ない想いと共に同化していく。時を超えてかっての私を想う。久しぶりに映画の世界に満たされたひと時だった。そして祈る。1日も早く劇場が熱く輝く日々に戻れますように、と。

f:id:chezk087:20200726120206j:plain

今日の昼食は庭でとれたゴーヤとベーコン、ゴボウの焼き飯とちょこっとお蕎麦。昨日の夕飯残りもののネバネバのせ。

さて、また新しい1週間が始まる。福岡のコロナ感染者は増え続けている。こころ静かにそんな今を観る。変わらずに私はここにいる。そんな今を確かめながら一歩一歩。

幸せな日々?

4連休とやらで、Go to なんとかで、色々騒がしいけれど、コロナの感染は一層広がっていて、世の中は混沌の極みにあるのだけれど、私の日々は何にも変わらずに淡々と過ぎ去っていく。すでに7月も終わりの週へ。

仕事であるヨガを三密を避けてマスク着用で指導をしたり、リモートでの安心ヨガ配信もやり、その合間に短い仮眠を取り、時間があれば読書をして、お昼ご飯と夕飯を丁寧に作る。変わらないルーティンを繰り返して日々が過ぎ去っていく。そんな日々を忘れないように、日記のようにここに残しておこうと思っている。

f:id:chezk087:20200724181234j:plain


今夜はチキンのオーブン焼き。ニンニク醤油で漬け込んだものをオーブンで焼いたので少し焦げてしまった。サラダは庭で採れたゴーヤと玉ねぎ、パプリカ、ツナをマヨネーズであえたもの。ベー茄子をフライパンで焼いて、サバ缶で作ったラグーをのせていただきました。後はモズク。

今夜も美味しくいただきました。今日もありがとう。

自粛の日々、いかがお過ごしですか?

今まで一度も想像したことのない世界が広がっている。福岡の街はすっかり人通りが途絶え、シャッターを下ろした街はまさにゴーストタウンと化している。外出の自粛のみならず接触の回避という誰にも会えない、誰とも間近で喋れないという状況は一層深刻化するばかり。この状況が一体いつまで続くのか、実は先が見えないことが一層不安感を増幅させているように思う。見えないウイルスとの闘いはきっとこれからもかなり長いスパンで続くのだろう。長期戦の構えで辛抱強く、気持ちを下げないでいかに外出を控えおうちライフを楽しむか、それが今一番大事なことだと覚悟を決める。そうするとジタバタしていた気持ちが少し落ち着く。

f:id:chezk087:20200416213528j:plain
まずはおうちライフ。もともと不活動タイプでおうちが大好きだったので、おうちに1日閉じこもっていても飽きることなく過ごせるのは幸いかな。ずっと忙しく過ごしてきたから、すっかり後回しにしていた台所の掃除やクリーニング代節約でせっせと冬物を手洗いしたり、庭の雑草と格闘したりと結構そんなことで時間が過ぎていく。でも、こころはちょっと違うよと不満げ。そうだよね。もっと今やるべきことがあるでしょ!こんな時だからこそ免疫を上げるヨーガをみなさんにお伝えするという大きな使命があるでしょ!と、もう一人の私の声が聞こえる。そうだよね、今できることをしなくては!

f:id:chezk087:20200417102718j:plain

今大事なのはまずは免疫力を上げること。自己免疫力を上げ自然治癒力を高めることは感染しても重症化しないためにもとても大切なことだ。免疫力を上げるには、1)バランスの取れた食事 2)適度な運動、3)深い呼吸、4)適度な休養と睡眠、5)こころの在りようと言われている。まずは1番目のバランスのとれた食事。時間はいっぱいあるからまずは今の食事を見直してみよう。私は食べることが好きなので、美味しくしかも栄養バランスの取れた料理をすることはむしろ楽しみになっている。我が家の常備菜の一つは野菜スープ。下の写真のスープは春キャベツ、新玉ねぎ、じゃがいも、人参、トマト、牛蒡、パプリカ、冷凍したシメジ、大豆の水煮を弱火で30分煮込んだもの。野菜の皮も芯も捨てるものなく一緒に煮込む。茅乃舎の野菜出汁を入ている以外は、野菜の旨味で美味しくいただいている。その他大豆や、ヒジキ、切り干し大根の煮物なども毎回食卓に登場する。全て塩分控えめで素材の味を大切にいただくよう心がけている。あなたはどうですか?

f:id:chezk087:20200416215433j:plain

2番目と3番目はヨーガを行うことで4番目の睡眠の質の向上にも繋がっていく。多分一番大事なのは5番目のこころの在りようだと思う。こんなに天気が良くて花々が咲き誇り、空は限りなく青いのにその全てを享受できない今をどう受け止めたら良いのか、一体いつまでこの状況が続くのか、考えれば先が見えない不安感でこころが押しつぶされそうになる。そんなとき、眼を外に向ける。我が家の猫の額にも満たない小さな庭に咲く花や新緑に輝く木々たちは、今日も変わらずに何も言わずそこに静かに在り続けている。当たり前だけどそんな姿を見つめていると悪戯に恐れず、戸惑わず今ある姿で咲きなさい、そんな声が聞こえるような気がする。医療現場で懸命に働いている友人がいる。テイクアウトで何とか頑張っている友人がいる。こころが病んで苦しんでいる友人がいる。今、いっぱい頑張っている人たちがいる。で、私に問い続ける。今、私に何ができるのか、、、懸命に考える。

f:id:chezk087:20200416212557j:plain

私の生徒さん限定で配信しているユーチューブでの一方的なヨーガの配信から、リアルタイムで共有出来るよう試行錯誤をしている。「先生のお話をリアルタイムで聞きたいです」「みんなとお喋りしたいです」そういった声が届く。多分近い内に新しい動きができるように準備を始めている。この歳になっての新たなチャレンジが続く。それもコロナのお陰かな。何事にも両面がある。良い面も悪い面も全てを受け止めて、災い転じて福と成すの言葉のように、この闘いに負けないで、むしろステップアップして過ごしていこうと思っている。頑張ろうと自分に声を掛ける。そして今は会えない大好きな仲間たちに「頑張ろう!そしていつも愛していますよ〜!」と心の中で叫んでいる。私の声が聞こえていますか?今度会えたらしっかりハグしたいなぁ。きっと終わりはある。一緒に頑張ろうね!!変わらずの一歩一歩。

🔸最近ではないけど観た映画  「巡礼の約束」ソンタルジャ監督・脚本
🔸最近でもないけど読んだ本  「美しき愚かものたちのタブロー」 原田マハ

 

持久戦の日々が続いています

コロナウイルスの感染拡大は世界規模で広がり、世界の主要都市での封鎖が相次いでいる。日本は今のところギリギリで持ちこたえているけれど、結局オリンピックは延期が発表された。パンデミックはどこまで拡大して行くのか。重くて暗い雲が全世界を覆い尽くしている。小さな一市民の私はどうやって乗り越えたら良いのだろうか?自問の日々が続いている。

f:id:chezk087:20200326110456j:plain
そんな時に目にした山中伸弥教授の言葉「コロナウイルスとの闘いは短距離走ではなくてマラソンです。1年は続く長いマラソンです(中略)国民の賢い判断が求められています」少し疲れたこころを立て直す。冷静に物事を捉え、自分でしっかりと考え、いたずらに恐れず、しかし過信せず、正しく恐れる姿勢を忘れずに、長い闘いを乗り越えていこうと自分に言い聞かせる。聖火のトーチリレーが中止になった。その走者だった103歳の箱石シツイさんの言葉「見送りはがっかりですが、戦争中の苦労を思えば何でもありません」落胆してもそこに立ち止まらない。気持ちを切り替え前向きに考える姿に、いっぱい教えられる。ちゃんと苦労をしてそれを乗り越えた人は本当に強いなぁ。

f:id:chezk087:20200326111414j:plain

そうだね。こうしてちゃんとご飯を食べられていて、温かいお家で日々過ごせていることを感謝しなくは。この難局を乗り越えたとき、きっと私たちはもっと強くなっている!

こんな時だからこそ、自分のこころとちゃんと対峙しようと、私が属しているヨーガ療法学会の聖典配信学習を続けている。
毎回ヨーガの聖典から様々な課題が与えら、過去を振り返りながら自分のこころを整理しレポートにまとめていく。その過程で自分のこころのくせに気づいたり、過去の出来事への解釈を修正したり、新たに自分に出会う、新たな気づきの時間でもある。

「寝食を忘れるほど集中した体験について」例えばこんな課題が与えられたら、あなたならどう答えますか?目を閉じて振り返り、そのときの自分を思い出してみて下さい。どのように集中していったか・・・

f:id:chezk087:20200322084622j:plain

私は・・・・次回はそれについて書いてみます。
2年前の冬、夫が植えたチューリップの球根が1年前の春、見事に咲いた。花が終わってその球根を網に入れて夫が軒下に吊るしていた。その球根を夫が亡くなった昨年末庭に植えた。その一つからやっと花が咲いた。一輪だけ。きっとこれは夫が意地で咲かせたのだと思う。意地っ張りの人だったから。チューリップが私を観ているそんな気がする。
さくら咲く2020年の春、みんなと一緒に桜を愛でることは出来ないけれど、私だけの桜を楽しみましょう。

◽️最近観た映画 「Fukushima50」若松節朗監督

◽️最近読んだ本  「 i (アイ)」西加奈子

 

 

弥生3月の空を見上げて

弥生3月の空の下、う〜んと背伸びをして「よっしゃ!」と走り出したい気分だけれど、世の中はコロナウィルスの感染拡大は収まらず、暗雲立ち込めたまま自粛の日々が続いている。3月に入り私の仕事場であるスポーツクラブや公的施設は全て活動停止となった。スタジオや近くの集会所でのヨーガは細々と続けているけれど。突然に訪れた休暇?の日々に戸惑いながら、こんな風に時間をゆっくりと使えるのは何十年ぶりだろうかとずっと走り続けて来たことに改めて気づく。

f:id:chezk087:20200310231716j:plain

そうだずっと行きたいと思っていた南の島に行こうか。飛行機やホテルや行きたい場所や食べたいものやネットを使って調べ尽くした。白い砂浜、目の前には透き通るような青い海が広がって、とすでに行った気分にすっぽりと浸る。で、やっぱりやめておこう、今無理していく必要もないしと思いなおす。切り替えの早さも結構自慢かな。そうだ!ヨガの智慧!「今出来ることに全力を尽くす」で、今出来ることとは何だろう?ゆっくり静かに自分に問いかける。

f:id:chezk087:20200310231820j:plain
昨日の雨が嘘のように晴れ渡った日曜日の朝、そうだ山に登ろう!と思った。出来れば山頂からスカッとするような景色が広がる山が良い。で、ありました、ぴったりの山が。糸島にある立石山!いざ糸島へと車を走らせる。
立石山は芥屋の海岸を通り過ぎたところから登山口が始まる。山に登るのは何年振りだろう。阿蘇烏帽子岳に登って以来だから、多分5年振りくらいか。標高209,5m、約40分の登山ならと少し甘く見ていたことに登りはじめて早速気づかされる。名前の通りかなりハードな岩場が続く。息が上がる。汗が流れる。何度も休憩をしながらやっと頂上へ!と思いきや山頂はまだ200m先の表示。

f:id:chezk087:20200310233537j:plain

「え〜〜」と言いながら正直やっとの思いで到着!!いきなり広がった絶景に「え〜!なんだこの景色の素晴らしさは!」ずっと感嘆の声を上げっぱなし、テンション上がりっぱなし!春の優しい陽光にキラキラと輝く海。岩の上に座りしばし見惚れる。地上の憂さを全て忘れて、大自然の懐にすっぽりと包み込まれていく。こころの奥がじわっと緩む。「そうだ、山に登ろう!」そう閃いて即行動に移した自分を褒めてあげた。

f:id:chezk087:20200310233456j:plain

朝日新聞の「日曜に想う」(大野博人編集委員)にアルベート・カミュの名作「ペスト」が取り上げられていた。この小説は、今の世界で起きていることのルポのようだと記している。主人公リユウ医師の言葉が胸に響く。
「笑われる考え方かもしれないが、ペストに対するただひとつの闘い方は誠実さです」記者に誠実さはと問われこう答える。「自分の職務を果たすことだと思っています」
私の職務とは・・・そうだ、こんな時だからこそヨーガの智慧を誠意を持って伝えなくては。

f:id:chezk087:20200311105945j:plain

「ユーチューブで配信したら」娘の提案にそうかぁ、その手があったかとこれまた即行動に移す。私の生徒さん限定配信ということで「ヨーガで自然治癒力をアップしよう!NINOのおうちヨーガ」を自宅の居間で一人で撮影してアップした。「重いこころがわっと軽くなりました」「体もコチコチ、元気が出ない感じでしたがこれで頑張れます」などなど、早速感謝のメールがたくさん届く。よかったなぁ、少しでも私のヨーガが役に立てて。

f:id:chezk087:20200311213024j:plain
「誠意を持って職務を果たす」どんな細やかなことでもいい、今出来ることを丁寧にやっていこう。こんな日々もいつかは終わりがやってくる。その時に少しでも成長してる自分だったらいいな。P.T.G (ポスト・トラウマ・グロス)逆境を乗り越えて成長する。「よっしゃ、頑張ろう!」庭にそっと咲く花々を眺め、そう自分にエールをおくる。

*最近観た映画  「スウィング・キッズ」 D.O主演

*最近読んだ本  「メインテーマは殺人」アンソニーホロヴィッツ
「もしも一年後この世にいないとしたら」 清水 研