パザパ

パザパ pas a pas ・・・フランス語で一歩一歩。頑張らずでも一歩一歩前に進める日々を願って・・・

真夏から晩秋?へ激変の気候に戸惑っています

10月の上旬になっても昼間は半袖、短パンと未だ真夏!だった福岡から、いきなりの気温急降下で一気に晩秋へと激変。一体どうなっているのか?四季を失くした日本の気象はこれからどうなっていくのか?大好きなサンマは今年も昨年以上の不漁で、ほとんど姿を見ないまま、やっと一度だけ細くて長いスリムなサンマを食べただけだった。地球規模で温暖化は加速するばかり。地球のために私に何が出来るのか?1年振りの朝日新聞主催「朝日地球会議2021」を時間を見つけて視聴しながら、これから10年後、20年後を見据えていま何が出来るのか、しっかり考え、行動をしていかなくてはと改めて思った。

f:id:chezk087:20211024143723j:plain

コロナの感染者が激減している。なぜここまで減っているのか、その理由がわからない状況下では、気持ちを緩めることは出来ないのに、様々な制限が一気に解除されようとしている。そして選挙戦が始まった。色んなことにこころがついていけないことに戸惑っている。ほとんど全ての候補者が語る公約とやらに、何の具体的な内容がないことにこころが一層閉ざされていく。長い長いコロナ禍の自粛生活で疲れ切った国民の今を、この人たちは本当にちゃんと見ているのだろうか?新しい風をなどと幻想を抱いてはいない。ただ一党独裁で議論もなしに決められていく状況から、様々な意見をぶつけ合い、論じ合い、私たち民意が反映される政治に変えなくては!小さな一票だけど大切に思いを込めて投票しようと強く思っている。

f:id:chezk087:20211024142050j:plain

少し前だけどムーミンの作者、トーベ・ヤンソンの半生を描いた映画「トーベ」を観に行った。舞台はフィンランドヘルシンキヘルシンキの街並はあまり描かれていなかったけれど、5年ほど前に夫と1週間ほど滞在した街を思い出しながら惹き込まれていった。厳格な父親、保守的な当時の美術界、同性へ惹かれていく葛藤などにあって、密かに描き続けたムーミンの世界でトーベは自由にこころを遊ばせ、自分の好きなものに気づき、こころを開放していく。
「大切なのは、自分のしたいことがなにかを、わかってるってことだよ。」スナフキンの言葉を借りてトーベは自分の思いを語り、「あなたが好きなことって何ですか?」「あなたは自分のしたいことをちゃんとしてますか?」トーベが私に問いかけてくる。私はね、結構自分がしたいように我が儘に生きてきたけど、そうだね、最近ちょっと好きなことが後回しになってるかな。トーベのように自由に生きたい。もうそう長くない人生だからね。

f:id:chezk087:20211007113405j:plain

10月の初め、辻仁成さんが二階建てバスの上でライブを行いながら、パリの街を巡るというオンライン配信があった。シャンゼリゼ通りを走る揺れるバスの上から「おー!シャンゼリゼ〜♪♫」と唄うという如何にもの展開に、私もつられて歌い出したりと、春のセーヌ川クルーズライブと同じくパリを満喫した。さて生のパリに再会するのは一体いつのことかな?

秋の空が窓の向こうに広がっている。秋の終わりのことを「暮秋(ぼしゅう)」ということを今日の天声人語で知った。素敵な響きの言葉だと思う。空を見上げながらあの空の向こうに夫がいる、逝ってしまった大好きな人たちがいるといつも想う。
今年も残り2ヶ月余りになった。悔いなく、そして恥じないように生きようと思う。変わらず

の一歩一歩。

■最近読んだ本  「すばらしい人体」  山本健人著

         「夏物語」  川上未映子

■最近観た映画  「トーベ」  ザイダ・バリルート監督

夏終いをした日

気がつけばもう9月も終わり。すっかり空が高くなり、夕暮れが早くなり、庭のゴーヤのカーテンが色褪せて来た。季節が確実に秋へバトンを渡そうとしている。感染者数が確実に減少をして、緊急事態宣言は解除間近かなと思うけれど、まだ一向にその先が見えて来ない。今年の秋は少し遠出出来るといいな。


秋分の日、私が所属している日本ヨーガ療法士協会福岡主催の講演会がオンラインで開催された。「心身症と癒やし  心身医学、アーユルヴェーダ、ヨーガ療法からのアプローチ」と題した講演会には、心身医学からは九州大学病院診療内科の細井昌子先生が、アーユルヴェーダからはビーマ・バット先生、ヨーガ療法からは我らが木村先生と素晴らしい先生方のご講演に、全国各地から参加された300名近い皆さん、充実した学びの1日を過ごした。

初のリモートでの開催で色々とアクシデントありで、私たちスタッフはかなりスリリングな対応に追われた1日だった。新しいことにチャレンジすれば必ず新たな壁に遭遇する。でもその壁を突破したとき、必ずそこに成長がある。何よりも素晴らしいスタッフに囲まれていること、みんなのお陰で講演会を終えることが出来たこと、大きな声でありがとう!!と叫びたい。

f:id:chezk087:20210817111929j:plain

久しぶりにほっとこころ穏やかに迎えた日曜日、夏の間、いっぱい命をいただいたゴーヤくんやトマトちゃんの夏終いをする。枯れ始めたトマトの苗を抜き、2階まで張っていたゴーヤを這わせた網を外して根っこを抜く。ずっと夫がやっていた仕事を今は私がやっている。夕方、縁側に座って網に絡み付いたゴーヤの蔓を取り除く。3年前、少し痩せて丸くなった背中で同じように縁側に座っていた夫の姿が重なっていく。まるで私に乗り移ったかのように、今、あなたはここにいるんだね。久しぶりに夫の存在を身近に感じた夕暮れだった。逝った人は今でも私の中に生き続けている。私の命がある限り生き続けている。それが嬉しいと思えた。見上げると秋の空が私を見ていた。

f:id:chezk087:20210908121056j:plain

この夏、ゴーヤくんでいっぱい命の糧をいただいた。ゴーヤ登場冷やし中華。ちょいニガ味がアクセントになって締まり味?になる。

f:id:chezk087:20210926120804j:plain

ベーコンとゴーヤで作る焼き飯。これ大好き!この夏どんだけ作ったか。味付けは茅乃舎の野菜出汁を少し振りかけ、お醤油もちょい差し。レンジでチンした卵はある意味主役!

f:id:chezk087:20210926213706j:plain

夏の間元気に大きくなった観葉植物デリシオサ。元気いっぱいで居間を仕切っている。これから少しづつ気温が下がっていったら、あなたはどうなるの?大丈夫!私がちゃんと命繋ぐから。たくさんの命と共に生きている。たくさんの命をいただいて生きている。たくさんの人に支えられて生きている。たくさんの人のお陰で生かされている。生きている命の今を大切にもう少し生きてみようと思う。私終いの日まで。

 

新月の夜です

9月7日は新月です。そうだ以前は新月の日に願い事を紙に書いていたなと久しぶりに思い出した。そうかぁ、3年半がんと闘う夫を支えていた間は、願い事を書き続けていたことに今更ながら気づいた。一度だけ夫が願い事を書いたことがあった。私に促されて渋々だったけれど。その紙を今も捨てられずにいる。術後の生存率は1年か長くて3年と医師から告げられていたけれど、楽天的な夫はかなり実現不可能な願いを書いていた。その願いは亡くなる2週間前まで抱き続けていた。楽天的で失望をしない夫であったから、救われた部分もあり、辛かった部分もあったなぁと新月の夜、改めて思っている。
今私は何を願うのか?願い事がしっかりと見えるということは、今の自分のこころをちゃんと知っているからだよね。残念ながら今、私は私のこころが願うものが見えない。これからどう生きたいのか?果たしてこれからがあるのか?自問を繰り返す。答えのない問いを自分に問いかける。そんな新月の夜。

f:id:chezk087:20210907182110j:plain

夕飯はこの夏最後の鮎の塩焼き。骨以外は全部いただきました。母と一緒に延岡に行き、川沿いの鮎やなで食べた鮎をいつも思い出します。母が送ってくれていた大分犬飼の鮎の塩辛、懐かしいなぁ。相変わらず逝った人を想いながらの日々。お彼岸もあるしね。9月はそんな月かな。今の気持ちを大事にしよう。そしてゆっくり生きようと私の声が聴こえます。

代わり映えのない日々ながらですが

相変わらずのコロナ禍、自粛の日々は淡々と代わり映えもなく過ぎ去っていきます。正直いって最近特に気持ちを盛り上げるのに苦慮しています。特別なライフイベントもなく、友人とゆっくり語り合う機会もなく、どこにも行けず会いたい人にも会えず。私は何も変わらずここに留まっているのに、季節が確実に移り逝き9月になりました。真夏の強い日差しから、ほんの少し光が風が変わったような気がします。もう9月ですね。

f:id:chezk087:20210830230230j:plain

仕事オフの日、ずっと観たかった「ドライブ・マイ・カー」カンヌ映画祭脚本賞に輝いた作品を観に行きました。村上春樹著の短編集「女のいない男たち」の中で一番映像化が難しい作品を映画にしたとか。3時間に及ぶ長い作品ながら一瞬たりとも眼を離せずぐいぐいと惹き込まれていきました。逝った人への伝えられなかった思い、後悔、自責の念などなど、我が身に重ねながら、両親や夫への封じ込めていた私の思いがふつふつと蘇り迫って来ました。
人は例え近しい人であっても100%理解することは出来ない。理解しようと思うこと自体が冒涜かもしれませんね。色んなことを感じ、観終わった後も考えさせられた作品でした。今年観た映画のベスト1になるかなですね。脚本賞、納得でした。

f:id:chezk087:20210905141020j:plain

9月6日は夫の3回忌でした。前日の日曜日ささやかに家族みんなで夫を偲び集まりました。夫が大好きだった姉夫婦が別府から車を飛ばして駆けつけてくれました。お墓にお参りした後、食事をしながら夫の思い出を語りありながら、温かい時間を共に過ごしました。食後一緒に写真を撮りました。写っていないけれど夫もここにいるな、そう思いました。いつも喧嘩ばかりの夫婦でしたが、喧嘩相手がいなくなって本当に寂しいなぁと正直思います。これからも私の命が尽きるまでずっとそう思いながら、夫の魂を抱きながら私は生きていくのでしょうね。何よりも義兄が元気で、夫に会いに来てくれたことが嬉しかったです。

良い3回忌の日曜日でした。

 

 

日々の暮らしをささやかに綴ります その6

日曜日でした。いつもなら完全オフの日ですが、今日は月に一度の椅子ヨガの日。10:00から11:15まで椅子に座って、また立ち上がってのヨガを行い、最後の15分間は呼吸法&瞑想を行いました。今月のテーマは「レジリエンス」。逆境を乗り越える力は、少しこころが弱っているときは、体を鍛えて体の芯を強固にするとこころの軸も整うのかなと思っています。パラリンピックのアスリートの姿がまさにそれを体現してるように感じます。椅子ヨガながら、結構体幹を使っての懸命ヨガでした。参加された皆さんにそんな私の思いが果たして伝わったか?

f:id:chezk087:20210829211221j:plain

午後は軽いシエスタ後、机周りを片付け、繕い物をして?!久しぶりに私時間を楽しみました。もう少し時間があったら、2階の部屋の片付けをしたかったけれど。先日のお誕生日後、一層断捨離への思いが膨らんでいます。ただ単に捨てるということだけではなくて、入ってくるものを吟味して受け入れることも大事ですね。手放して見極める力は一層難しい。愛着があるものを手放すには、自分自身を俯瞰して眺めていく中で見えていくのかもですね。
大好きな本は手放したくないと思います。それ以外のものは手放そうと思います。あなたの手放す基準はどこにありますか?

f:id:chezk087:20210829181836j:plain
夕飯は豚三昧肉、サムギョッサルの焼肉でした。サンチェに肉&コチジャンをのせていただきます。マシッソヨ!後は豆腐と枝豆のナムルなど。今夜も美味しくたらふくいただきました。今週も元気で過ごせそうです。今週も一歩一歩ですね。

日々の暮らしをささやかに綴ります その5

週末、そして8月最後の土曜日は、いつものように午前、午後と対面ヨガレッスンでした。ずっと語り?続けるNINOヨガゆえに、マスクをしているとかなり体力を消耗する。もう1年半以上マスクヨガ?!を続けているので、結構心肺機能は強化されているかもしれない。以前チベットカイラス巡礼に行こうと思った時に、酸素の薄い高所で適応するためには、マスクをしてジョギングすると良いと言われたことがあった。一度トライしてすぐに諦めた。苦しい!心肺機能強化のトレーニングだと思えばマスクヨガもありだと思うことにしよう。
午後からのレッスンが終わっての帰り道、スーパーに寄り食材を買い込み、帰宅後洗濯物を取り込み、荷物を片付け、服を着替えたらすぐに台所に立つ。radicoで文化放送を聴きながら約30分間、手順を考えながら料理をする。頭をリセットする時間でもある。まず先に野菜を切り始め、同時に鍋をかけて今夜は小鰯の梅煮を作り始める。肉を出して包丁の背で叩き、塩胡椒をして・・・・同時に二つや三つの作業を行うことは脳トレにもなるらしい。

f:id:chezk087:20210828175954j:plain

定番の常備菜は3種類。大豆の五目煮、ひじきと根菜の煮物、切り干し大根を根菜の煮物。これが3〜4日続いて入れ替わる。ここ数日は大豆の五目煮が続いた。今夜は何故か沖縄のオリオンビールが飲みたくてスーパーでゲット!体を動かした後の一杯のビールは最高!!サラダはいつも一品作る。今夜はアボガドを使ったワカモレ。お肉は豚ヒレ肉の揚げない一口カツ。夕飯を食べながら車椅子バスケットを見ていたら、かなりの接戦でご飯どころではなくなって、食べたけれどほとんど味わう暇なし。パラリンピック、毎日時間を見つけて夢中で観戦しています。「レジリエンス(逆境を乗り越える力)」選手一人一人の姿にまさにこの言葉を重ねています。
明日は日曜日ながら月に一度の「椅子ヨガ」。午後は少しゆっくり過ごしたいな。今週もありがとう、来週もよろしくね。

日々の暮らしをささやかに綴ります その4 

8月27日(金)久しぶりにギラギラ太陽が眩しい暑い1日でした。体がこの暑さに馴染むのにはちょっと時間がかかりそうで、朝起きた時から結構体が重い状態は継続中です。今日は午前中は天神のスタジオでレッスン、午後は急ぎ家に帰って済生会福岡総合病院の患者さんとのリモートヨガでした。画面の向こうには患者さんと繋いでいただく患者支援センターの看護師さんとご自宅から参加の患者さんがいて、私はみなさんに向けて語りかけながら1時間のレッスンを行います。抗がん剤の投与などで体調が優れない方もいらっしゃるので、とにかく無理がないように、気遣いながら進めていくのですが、画面の向こうゆえにその限界をいつも感じながらです。終わってから一人一人の感想を伺ってからやっとほっとする。そんな感じです。1日も早く対面で一人一人に向かい合いながらご一緒にヨーガが出来る日を、ただただ願うばかりです。

f:id:chezk087:20210827181309j:plain

週末の今夜、速攻お家で買い物もできなかったので、夕飯は冷蔵庫の中の食材で作りました。冷凍室にあったヤリイカ辻仁成さんのレシピ「イカ飯」ならぬ「イカパスタ」オリーブオイルでニンニクを炒め、アンチョビを炒めた中にヤリイカを投入後。白ワインを注ぎやや強火でアルコールを飛ばした後、トマト缶で煮込んだとてもイタリアンな一品です。これ病みつきになる味です。あとは庭で収穫したゴーヤとシーチキンのサラダ。その他はいつもの常備菜
今夜も美味しくいただきました。さて、明日も元気に楽しく頑張ります。良い週末を!