パザパ

パザパ pas a pas ・・・フランス語で一歩一歩。頑張らずでも一歩一歩前に進める日々を願って・・・

6月、水無月を迎えています。

しとしとジメジメと雨の日が続き、庭のアジサイが生き生きと色鮮やかに輝く・・・という梅雨は昔々の話のような今日この頃。昨日の日曜日も雨は降らず真夏のような暑さで庭のアジサイも日焼けしてげんなりとしていた。今日は珍しく朝から梅雨らしい雨が1日中降り続き、紫陽花も生き返ったように元気になった。そんな忙しい気候と同様に、相変わらずこころ忙しくいろんなことを順序立てて考え、優先順位を決めて行動しなくてはいけない日々が続いている。けれど幸いなことにこころも体も落ち着いていて、冷静に?!今を見つめながら静かに日々を過ごすことが出来ている。

f:id:chezk087:20180610224511j:plain

1か月ほど前に本屋さんに行ったとき、偶然手に取った本「最強の野菜スープ」(熊本大学名誉教授 前田 浩先生著)にすっかり魅了され、それ以来毎日この最強の野菜スープを作り続けている。1日2回、朝と夕にその滋養を噛みしめながらいただいている。ここのところ続いている湿度の高い暑さに、例年なら早々に撃ちのまされているのだけれど、今年は信じられないくらいに体がすっきりと軽く感じている。で、それもこれも全てはこのスープのお陰だ!と思っている。抗酸化力を上げる野菜スープは、私のサビを取り除いてくれている!!そう思っている。私って単純だからなぁ。信じる者は救われるからかなぁ!?!いやいやなんせ最強の野菜スープだからだよね!!

f:id:chezk087:20180610224558j:plain

5月の最終週は第5週目になったので、公的な場所でのヨーガ指導がお休みになり、久しぶりに自分の時間をゆっくりと楽しむことが出来た。時間が出来たら楽しみたいのはまずは読書。本屋で手に取って購入した本2冊に没頭する。1冊は漫画だったけど。まずは手塚治賞をいただいた「大家さんと僕」(矢部 太郎著)。ほとんど民放のテレビは見ないので、カラテカという存在も知らなかったのだけれど、そして漫画も全く見ないのだけれど、なぜか惹かれて手にした。僕と大家さんのさりげない日常ながら、読み進める内にその全てをぎゅっと抱き締めたくなってくる。ずっとこの空気感を共有していたいと思うようになる。そしていいね!!と今を肯定したくなる。そんな作品。今更ながら出会ったことに感謝。

f:id:chezk087:20180610224642j:plain

もう一つは「さざなみのよる」(木皿 泉著)和泉務さんと妻鹿年季子夫妻が共作した小説は、いきなりナスミの死から始まり14話で語り継がれていく。それって小説の世界だからでしょ!と思わなくもない展開ながら、「だからぁ死ぬのも生きるのも、いうほどたいしたことないって」というナスミの言葉に私の中にある様々な不安感が払拭されていく。ナスミの死に伴う家族それぞれの反応。私は次女だからやっぱ次女の月美の思いに重なるな。読む人によって感じ方が多分違う作品だなと思う。ナスミの言葉が胸の奥に温かく染みてくる。「おんばざらだるまきりくそわか (生きとし生けるものが幸せでありますように)すべての人が最後の最後まで幸せでありますように 」本の中のたくさんの言葉に胸が震えた。そして涙がじんわりと溢れてくる。そうかぁ私泣きたかったのかも。多分これから何度もこの本を手にして、我慢している涙を少し流し、また背中をそっと押してもらうんだろうな。良い本に出合えることでこころの財産が増えていく。

f:id:chezk087:20180610224712j:plain

仕事がお休みの日曜日、夫と一緒に霊園に見学に行った。終活という言葉は好きではないけれど、宗教もなく、子供たちも地元にいない私たち夫婦が、死後に眠る場所を命ある時に決めようと思ったから。かなり家からは遠いけれど、街や海が遠くに臨める高台にあり、自然に囲まれた気持ちのいい風が流れる場所に出会った。樹木葬、桜の木の根元に眠る。ここが私たちの終の棲家になる。いろんなことが押し寄せてくるけれど、終わりの場所が見えてきたことで少しこころが楽になった気がする。先のことを憂えず今を大切に生きるためには、少し準備も必要かな、そう思う。

f:id:chezk087:20180610224740j:plain

悲しいと思えば限りなく悲しい。その悲しさは決して喜びには変えられないけれど、後悔という悲しみだけは避けたいと思う。だから今できることに全力を尽くす。
息子は昨年のリベンジでアメリカ、サンディエゴ100マイルランに再挑戦をした。かなりの高低差、温度差の異なる100マイルを走り抜ける過酷なレースを2年目にして見事完走した。タイムは31時間19分。参加者250名の内、半分近くがゴール出来ない過酷なレースを最後まで走りきった息子。そんな過酷な状況の中だから、きっと普通では味わえない最高の気づきや幸せを感じられるんだろうな!私には出来ない世界にチャレンジする人を、私は限りなく尊敬をする。
今週もいろんなことに背中押されて、一歩一歩。(紫陽花と菖蒲は天拝公園にて)

★最近読んだ本 「さざなみのよる」 木皿 泉著

★最近観た映画 「モリのいる場所」 沖田 修一監督・脚本

        「万引き家族」 是枝 祐和監督

 

また新しい1週間が始まる。今こうして生きていて、日々こころ動かし、気づきの日々を過ごせることにこころから感謝する。今週も変わらず平常心で一歩一歩。

皐月5月快晴の空の下で

いつの間にか気がつけば皐月5月のときを迎えている。行きつ戻りつ定まらない気候の後、今日はいきなりの夏日。ヒーターと扇風機が同居してると話していた生徒さん。確かに!!冷たい雨が続いた日の翌日は快晴の青い空。青い空がある日、私のこころもすっきりと曇りなく晴れ、重い雨雲に覆われた日には私のこころは雑念の雲に覆われる。天候に左右されるこころなんてヨーガ指導者として情けないよ!修行足りんなぁ!昔読んだ本「アンジェラの灰」(フランク・マコート著)に描かれていたアイルランドの重く暗い空に覆われた世界を、冷たい雨が降り曇天の空が続く日には必ず思い出す。そして思う。単純な私はアイルランドに生まれなくて本当に良かったと。

f:id:chezk087:20180510212720j:plain

今年も半分の折り返し地点が近づいている。新年早々試練が訪れ、その対応に没頭しかなり全速力で疾走して過ごしたけれど、そんなこんなもすべて収束し、少し自分の立ち位置を見直すことが出来る日々を過ごしている。頑張った自分から、頑張らずありのままを生きようとする自分へスイッチが切り替わった!?たぶん・・相変わらず仕事に追われているけれどささやかな日常を大事に、そんな私を支えて下さっている人たちのために少しでもお手伝いが出来ればいいな、そうこころから思っている。

f:id:chezk087:20180510212838j:plain

そんな日々、先月末のGW前半は久しぶりに長崎に行って「長崎さるく」ちょい旅を楽しんだ。宿はグラバー園近くのホテル。ホテルでチェックイン後、グラバー園へ。これで多分4度目かな?と過去の記憶を思い出しながら今回初の登りエレベーターで楽々旧三菱重工造船所のハウスへ。ベランダから眺める景色は変わらずに圧巻!!迫る山に押されるように広がる港。停泊する外国船。世界へ門戸を開いた長崎を改めて思い、その激動の歴史を思い、この地に懸命に生きた人たちの足跡に深く感動を覚えた。何度も訪れているのに、そんな初めて?の思いに少し戸惑う。

f:id:chezk087:20180510215803j:plain

その夜、ホテルの部屋の向こうに広がる夜景を眺めながら、かって訪れた長崎の日々のひとつひとつを紐解くように思い出していた。中学2年の修学旅行へ訪れた昔々。家族みんなで長崎在の友人を訪ねた日。母と姉と三人で訪れた長崎ランタン祭り、などなど。長崎には色んな思い出があり、訪れる度に全く違う感動を与えてくれた。それはこの街の度量の広さからなんだろうか。眠るのも惜しいほどにの夜だった。過去の記憶の全てをぎゅっと抱きしめて眠った。

f:id:chezk087:20180510214951j:plain

生きているといろんなことがある。時々対応不能な出来事に襲われこともある。重いものがどんとこころの奥底に落ちてくる。そんな時、その重さに慌てうろたえ暴走しそうになる私の弱いこころに、いつも冷静に見つめているもう一人の強い自分がブレーキをかけてくれる。ヨーガのお陰だなと思う。客観視。自分の今を客観的に見る姿勢をヨーガで学んだ。私は何をそんなに悩んでいるのか?その悩みは何から生まれているのか?渦中から少し離れた場所で問いかける自分の声を聴く。

f:id:chezk087:20180514220016j:plain

「悩みを抱えていると神さまは現れない」ぼんやりと観ていたテレビの対談での山田洋次監督の言葉がこころにスコンと降りた。学生時代からずっと尊敬しその作品を観続けて来た監督の言葉。小さいころから「神さまはいつも見ているよ」と言われて育った。私が大事にしてきたこころの世界は間違いないよ!と言われているような気がした。多分独りよがりの思いなのだろうけれど。

f:id:chezk087:20180514221344j:plain

雨の降り続ける日曜日。午後から部屋に閉じこもり、装丁&本題に惹かれて買った本「たゆたえども沈まず」(原田マハ著)を一気読みした。あの素晴らしい作品を生み出したゴッホの壮絶な生きざまに、史実を元にしたフィクションながら、ありえない設定でしょと思いながらもその世界にぐいぐいと引き込まれていった。目の前にその情景が鮮明に見えてくる。小説ってすごいな。映画は眼を開けて観る夢の世界だという。では小説は?こころの眼が観る夢の世界かな?いろんなことに感動をいただいて、こころ豊かに過ごせたらいいな。変わらずに一歩一歩。

★最近読んだ本 「たゆたえども沈まず」(原田マハ著)
★近いうちに観る予定の映画 「君の名前で僕を読んで」 ルカ・グァダニーノ監督

早春の旅 その3

私たちを充分に和ませ勇気づけてくれた桜の花たちもすっかり逝ってしまい、葉桜になってしまった。花咲く日から新緑の候へ、季節は急速に移り行く。今年の桜に教わったこと・・・桜の花を眺めている時のような優しい眼差しで自分の今を見つめよう。自分と違う人のことも、すべてを「いいね!」と、肯定的に受け止めよう。そんな優しいこころを大事にしよう。ありがとう!桜。自然の生業に学ぶ日々。

f:id:chezk087:20180405215347j:plain

で、早春旅の第3弾、いよいよ最終地、金沢へ。金沢は私たち夫婦が40年以上前に新婚旅行で訪れた地。かなりハードな旅程ながら家人の希望で足を伸ばすことにした。で、40年以上前の記憶は当然ながら消え去っていて、すべてが新鮮!まずは金沢駅、威風堂々のお姿!駅前からバスに乗り、兼六園近くの宿「カメリアイン雪椿」へ。荷物を預け早速夕暮れの市内観光へ出発。

f:id:chezk087:20180405220446j:plain

宿から金沢城公園を右手に、兼六園を左手に眺めながら、香林坊へとゆっくりと歩く。しいのき迎賓館や石川四校の跡地など歴史的な場所があり、おしゃれなギャラリーを覗いてみたり、公園のベンチで休憩したり、いきなりの景色の変化に少し戸惑いながらも、今ここの空気感を丸ごと楽しむ。それぞれの歴史があり、人々の生業があり、独特の文化がこの国には生れ育っているんだなぁと、改めて思う。

f:id:chezk087:20180405221403j:plain

夕暮れの武家屋敷周辺は、観光客もまばらでとても静かに街歩きを楽しむことが出来た。金沢の夜はとても優しく静かにふけていった。夜は居酒屋で夕食後、金沢城址のライトアップを眺めながら、宿まで結局歩いて帰った。

f:id:chezk087:20180405221842j:plain

白壁の倉を改造したラウンジのソファーに座って、静かに金沢の夜を過ごす。ラウンジの周りにはたくさんの本があり、その数冊を手に取り、そのまんま部屋に持ち帰った。眠るのが惜しいほどの夜ながら、結局本を広げその世界に浸る暇もなく、眠りに落ちていった。

f:id:chezk087:20180406214401j:plain

翌朝は気持ちよく目覚め、1階のラウンジでの朝食をいただいた。今日も快晴!宿の奥さん手作りの朝食はどれも美味しくて、窓の外のお庭を眺めながら、至福の朝を過ごす。ホテルのバイキング朝食では味わえないこころ温かい朝ご飯だった。

f:id:chezk087:20180408212719j:plain

 荷物は宿に預けたまま、宿近くの兼六園へ。新婚旅行で訪れたときは木々は白い雪の帽子をかぶっていたなぁと思い出しながら、春の日差しにキラキラと輝く池や、満開の梅の花や、快晴の青い空を眺めながら、園内を散策する。ここから始まり、過ぎ去った40年近い日々を胸の奥に思いながら。陽光は限りなく優しくその全てを包み込んでくれているような気がした。再び訪れることが出来たことに感謝!(ちなみに園内は年齢を証明するものを提示したら65歳以上は無料。)

f:id:chezk087:20180408213200j:plain

お次は一番楽しみにしていた金沢21世紀美術館へ。すでに10時を過ぎていて入館のチケットを手に入れる長蛇の列が出来上がっていた。ここは人気スポットなんだ!並ぶこと20分近くでいよいよ展示スぺースへ。どの展示も意外性に富み、わくわく感満載でいろんな感覚を大いに刺激された。大満足!!大好きな世界観いっぱいの場所でこころ遊ばせたひと時、最高!!(家人は館内ベンチでかなり待ってたらしいけれど・・・)

f:id:chezk087:20180408214604j:plain

宿に戻りに荷物を持ってまずは金沢駅に行き、ロッカーに預けて近江町市場へ向かう。お腹空いた~!!新鮮な魚を日々食べている博多人としては、一番遠いのが蟹!加能蟹!?!初めましての石川産の蟹にくぎ付け。でもその前にお昼ご飯。市場にあるお店で寿司や魚介の焼き物をゲットして、店内でいただく。焼き物のコーナーでは外国人の姿も多く、地元では「おみちょ」と親しまれている市場も今は観光客人気の場所になっている。

f:id:chezk087:20180409194328j:plain

市場で石川産の蟹と、ついでながらブリカマも買って金沢駅へ戻る。そこから東京へ。娘の家には夕刻に着き、市場で買った加能蟹&ブリカマ、最高に美味しくいただいた。久しぶりに娘に会った家人も嬉しそう。4泊5日、駆け足で走ったように見える旅だったけれど、移動時間はグリーン車でゆったりくつろいで、結構満足度の高い旅だった。私のアンテナ感度、最高!!
また旅に出たいなぁ・・・その日を夢見てまた仕事、頑張ろう。今週も一歩一歩。

★これから観に行く予定の映画  「ウィストン・チャーチル / ヒットーから世界を救った男」

★今再読している本  「ライフ・ヒーリング」 ルイーズ・L・ヘイ著

 

早春の旅 その2

満開の桜も散るときを迎え、晴天の日曜日、毎年行く浄水場の桜にお別れを言いに行った。花吹雪舞う中、お弁当を食べながら桜の花をしみじみと、こころを込めて眺める。そしてこの場所でお花見した日々を懐かしく思い出す。毎年必ず家族でお花見をした場所。桜の花の向こうにそのひとつひとつが浮かんでは消えていく。今年は家人とふたり、静かなお花見。アスファルトを突き破り根を張る桜の逞しさにも見惚れる。

f:id:chezk087:20180402130444j:plain

さて、「早春旅 その2」は伊勢神宮から始めよう。紀北から約1時間、7時半、外宮の駐車場に車を停める。さすがに駐車場は車もまばら。鳥居をくぐり、柔らかな朝の陽ざしを浴びながら参道を歩く。一歩ごとに体が清められていくような気持になる。やはりお伊勢さんのエネルギーは半端ない。

f:id:chezk087:20180402130554j:plain

早朝ゆえ参拝者も少なく、こころ静かに神前に立つ。と、、、正殿の方向から風が吹き、掛けられていた白い布が舞い上がった。正殿のお姿がはっきりと目に飛び込んできたことに驚きながら、二拝二拍手一拝をして顔を上げる。その時、風が止み白布が下りた。偶然の出来事とはゆえ、「守られている」なぜかそんな思いが胸の奥におりてきてひとり熱くなった。

f:id:chezk087:20180402130615j:plain

 そんな静かな興奮を抱えたまま、深い森に抱かれるように点在する別宮にもお参りする。やはりこの場所は特別なエネルギーが流れている。その場所に家人を伴えて本当に良かったとこころから思った。

f:id:chezk087:20180402212637j:plain

 レンタカーを駅前のお店で返し、荷物を駅のコインロッカーに預けて駅からバスで内宮へ。伊勢は寒いと覚悟していたけれど、日差しは優しく暖かく、そんな日差しに守られるように宇治橋をゆっくりと渡る。

f:id:chezk087:20180402213341j:plain

五十鈴川の澄みきったキラキラと輝く川面を眺め、樹齢数百年の木々たちにエネルギーをいただきながら内宮正殿へ。この時期こんな至福なひと時を与えられたことに感謝しつつ。

f:id:chezk087:20180402222035j:plain

いよいよ内宮正殿へ。こころ静かに手を合わせ深く頭を下げる。こころを無にして、今、ここにあることに深く感謝をする。願うのはこころの平安。内宮はほんとうに静かに私たちを向かい入れて下さった。手を合わせ静かに祈りをささげる時間はこころも体も清められるようなひと時だった。

f:id:chezk087:20180402214926j:plain

お伊勢さんの森で出会ったのは木の精霊!?この木の精霊はお爺さん?!?優しいお爺さん精霊?のお姿に再びありがとう!と声を掛ける。頑張らんでいいよ!という声が聴こえた。そうだね自然体が一番!そう、あなたのように。

f:id:chezk087:20180402215439j:plain

この場所もパワースポット。聖地巡礼という言葉があるけれど、日本人にとってお伊勢さんは聖地であり、わたしたちは今、聖地巡礼をしているんだと改めて思った。病と闘っている家人にそんな聖地のエネルギー届いたらいいな。死ぬまでに一度伊勢神宮に行きたいという家人の思い叶えてあげられて本当に良かった!そんな思いを胸の奥に抱えながら満ち足りた思いで駅へ向かう。

f:id:chezk087:20180402221443j:plain

 内宮前のバス停から駅へ戻り名古屋へ。そしてそこから金沢へ向かう。車内でお昼ご飯。駅弁!そしてそこに必ず缶ビール!早春旅なかなか終わらず、その3までつづく。最終編は金沢。もう少しそんな旅にお付き合いください。なごや満載弁当、美味しくいただきました。

 

 

 

早春の旅、楽しんできました その1

厳しい寒さが続いた日々から、え~!!いきなりですか!と驚くスピードで気温急上昇し、一気に桜満開へ。もうすっかり春爛漫に、気持ち少し追いつかずの感ありの今年の春ながら、しばらくは晴天が続くようで今年の桜は少し長く楽しめそう。
3月中旬、久しぶりにお休みをいただいて4泊5日の早春旅、楽しんできました。旅の目的地は、今、病と闘っている家人が元気な内に行きたいという伊勢と金沢をJRのフルムーングリーンパスを使って周ることにした。新幹線、特急などグリーン車で5日間移動できるパスを有効に使って計画を立て、宿を決め、その準備万端で出発!1日目はまず新幹線で博多から新大阪へ、更に特急「くろしお」で南紀白浜へ。午後3時半、ホテルでチェックイン後、早速ホテル前の海岸を散策する。

f:id:chezk087:20180326221303j:plain

晴女の異名を持つ私!?今回も晴れ!しかも先週までのあの寒さが嘘のように暖かい。このお天気が何よりのご褒美。岩場に座り、早春の光に満ちた空と優しい春色の海をぼ~っと眺める。日常の全てを忘れ溶け込んでいく。サラサラの砂浜を歩く。
f:id:chezk087:20180326221705j:plain

若者たちが波打ち際で歓声を上げる。仕事や家事に追われていた昨日までの自分が、ずっとずっと昔の遠いことのように思える。そういえば、昔々私にもあんな風に波打ち際ではしゃいだ日々があったなぁ。若者は波と戯れ、老人はベンチで過ごさった日々を懐かしむの図!

f:id:chezk087:20180326222951j:plain

2日目はレンタカーを借りて熊野那智大社へ。車を大門坂入り口に停めて、那智大社へ続く熊野古道大門坂を歩く。体力が衰えている家人を励ましながら、何度も休憩をしてなんとか表参道までたどり着く。茶店で休息をして再び長い階段を上ったり下りたりしながら那智大社、そして那智の滝へ向かう。

f:id:chezk087:20180326223801j:plain

私にとっては2度目の場所ながら、那智の滝の荘厳なお姿に思わず手を合わせる。天から滝が始まり、地へ還る。そして地からまた天へ昇り再び地へ還る。そんな自然の流れに守られて人という存在があることを改めて思う。天と地と人。そのエネルギーを全身で受け止める。細かい雨が降り続けていた。この場所にはそんな雨が似合うなと思った。

f:id:chezk087:20180326224521j:plain

その日の宿「割烹の宿 美鈴」は熊野街道の海沿いにあった。今回の旅で一番楽しみにしていた宿は、期待通りとても優しく私たちを迎えてくれた。今夜の宿泊客は私たち以外は1組のみ。食事の前にゆっくりとお風呂に入り、万全の態勢で?紀北の食を味合う。宿の前の海で息子さんが漁をした魚を、ご主人が調理し、奥さんが接客を担当する。前菜から終わりまでたっぷり2時間の食事が続く。

f:id:chezk087:20180326225346j:plain

そのどれもが紀北の地と海でとれたものばかりで、その食材のすばらしさが最高に活かされた料理が並ぶ。「美味しい~!」そのひとつひとつを五感で味わいながら大切にいただいた。自家製からすみの主張しすぎない優しい味も最高だった。ご主人や奥さまや息子さんとの会話も楽しく、こころもいっぱい満たされながらの宵を過ごした。ここを選んで本当に良かったと幸せな思いと共に眠りにつく。

f:id:chezk087:20180326230209j:plain

翌朝は6時半には宿を発ち伊勢神宮へ向かう。(早朝ながら見送っていただいた宿のご主人夫妻に感謝!)快晴の空。宿から伊勢神宮外宮へは車で50分ほど。たくさんのトンネルを抜け、予定通り7時半に外宮駐車場に車を停める。さあどんな気持ちで手を合わせようか・・・続く・・・

*最近読んだ本 「遠い山なみの光」 カズオ・イシグロ

*最近観た映画 「長江 愛の詩」ヤン・チャオ監督

 

早春の候に思うこと

弥生3月雛の日も過ぎて、やっとあの長くて厳しい冬の寒さから解放され、我が家の狭い庭にも花咲くときが訪れた。こんな風に陽差しの温かさにほっとするのは何か月ぶりだろう。去年庭に植えた枝垂れ梅が初めて可愛い花を咲かせた。「可愛いね!」と声を掛けると嬉しそうに風に揺れた。無彩色の世界から一気に光り輝く世界へ。

f:id:chezk087:20180304201723j:plain

で、やっと今年初めてのブログに向かう。長いご無沙汰の間、どれほどこころ忙しく過ごして来たか。新年早々の試験?!、新たな場所でのヨガ指導、その他公私ともに大きな変化と試練が訪れ、そのひとつひとつに懸命に向かい合って来た。でもそんな大変だった日々も、青い空を背に咲き誇る梅の花々を眺めていたら、ずっと昔の出来事のような気がした。

f:id:chezk087:20180304204255j:plain

弥生3月は1.3の周期という人の命のサイクルの時でもある。今年は例年以上に最期の時を見送ることになる。指導している教室の生徒さんの息子さんが、信じられないような事故で亡くなった。参列した通夜は辛く悲しく、胸が張り裂けるような思いで号泣した。泣いても泣いても母である彼女の悲しみは癒えることがことがないことに撃ちのめされる。何も出来ない無力な自分。当たり前だけど、その当たり前を前に立ち止まってしまう自分を思い知らされた。

f:id:chezk087:20180304211513j:plain

スタジオの会員さんからいただいた本の中に、そんな私にそうかぁ、頑張ろう!と、立ち直る力を与えてくれる言葉を見つけた。
「できる限り努めて気分を明るく朗らかに、生き生きとして何事にも応援することを忘れないように」(中村天風著)消極的、否定的な思いに留まっていてはいけない、立ち上がって何事にも応援をする自分でいなさいと、背中を目いっぱい押される言葉であった。

f:id:chezk087:20180304212555j:plain

頑張ろう!!私を信じて、支えて下さる人がいることを本当に幸せだと思う。どんな試練も出来るだけ前向きにその意味を捉え、成長の時と思い直して乗り越えていこう。でもちょっと疲れたら、この場所で弱音吐いてもいいかな?!
庭に植えたブロッコリーを収穫して、春の訪れを伝えるホタルイカと共に酢味噌でいただいた。春の味を目でも舌でも味わった。

f:id:chezk087:20180304214322j:plain

この春姪っ子に可愛い赤ちゃんが産まれる。その義母は初孫を見ることなく旅立った。生と死が交差する。様々な思いが交差し、答えのない問いを繰り返す。私は今、精いっぱいの今を生きていますか?今週も一歩一歩、迷い、悩みながらも一歩一歩、小さな歩み続けます。

★最近読んだ本 「おらおらでひとりいぐも」 若竹千佐子著
★最近観た映画 「KUKAI 美しき王妃の謎」チェン・カイコー監督

2017年最後の日 大晦日です。

今年ほど公私ともに全速力で走り抜けた1年はなかったように思う。で、最後の月、12月はついに失速、撃沈してしまった。11月末の過酷な東京滞在後、たぶん生まれて初めて腰や背中や膝に痛みを感じ、不自由な日々が続いた。で、ヨガの生徒さんから紹介された鍼灸医さんのところにこれまた生まれて始めた行った。鍼を刺すんですか・・・・怖がりの私はガチガチに緊張して横になる。「リラックスして下さいね~」優しい先生の言葉に「は~い」と答えながら、なんとも不思議な感情に少し慌てた。ヨガのレッスンで「体の力を大地に委ねるように全身の力を抜いて、体もこころもリラックスしましょう!」と、いつもみなさんに語り掛けている私だけれど、そういえばこんな風に「リラックスしましょう~」と人に言われたのは生まれて初めてかもしれない。そうかぁ・・・自分をリラックスさせるようなこと、ここ最近やってなかったなぁ。体の声を無視して突っ走ってたなぁ。この痛みや不具合はそのことに気付きなさいって言われてるんだ。

f:id:chezk087:20171216065238j:plain

一週間後また先生の所に行ったとき、自然に緩んでいく体とこころをじんわりと感じ、更にそれぞれの体内エネルギーが一気に流れ始めるのを感じて最高の気分になった。合計4回通って「とてもいい感じで整ってきましたよ」先生にもお墨付きをいただいて、やっと解放された。

よっしゃ!仕事も無事にすべて納めたし、後は年末の大掃除とお節作りに取り掛かるぞ~!!と腕まくりをしたところ、夫が風邪でダウン。早く帰省していた娘に移り、そして元気印の私も・・・年末に1年のつけがどっと押し寄せるの図。「は~い」もう何も頑張りません!家族三人マスクをして、咳や鼻水の嵐の中、年末年始は家に籠って静養しま~す!!

f:id:chezk087:20171216212459j:plain

それはそれとして、12月の中旬、3泊4日で初めて台北に行った。姉夫婦と私たち夫婦の4人で旅をするもの初めてで、義兄はご高齢なので、とにかくホテルのみを抑えて後はゆっくりと街を散策し、美味しいものをいっぱい食べよう!の旅だった。台北も例年にない寒さとかで気温は12度前後。雨の多い台北ながら晴女の私ゆえにほとんど傘をさすこともなく、陽に焼けることもなく、初めての街ながら、安いタクシーや地下鉄を使って、迷うことなく?旅をすることができた。

f:id:chezk087:20171215190219j:plain

坂の町九份はもの凄い人で、坂を登るのも降りるのも命がけ?!日本からの修学旅行生が一番多かったかな。映画「非情城市」に登場し「千と千尋の神隠し」のモチーフとも言われる茶館「阿妹茶酒館」も人でいっぱいで下から眺めながら思い重ねる。台北の駅から最寄りの駅「瑞宝駅」に行く切符を買うのに戸惑っていたら、多分駅の案内係りの方か、親切に日本語で声をかけて下さり、自販機で切符を買って下さり、改札まで案内して下さった。旅先の親切は一番の旅の宝物になる。そしてその宝物は一生忘れることはない。

f:id:chezk087:20171216175930j:plain

地下鉄の乗り換えで手こずっていた時も、若い女性が日本語で話しかけて下さり、乗り換える線を教えて下さった。台北は大都会だけど、人のこころは温かく優しい。夫たちをホテルに帰し、姉と一緒に中山の裏路地をさ迷っていたら、古い日本の家屋風のこんな素敵な喫茶店が目の前に現れた。台北でも若者たちが古い家屋や工場などをステキなアート空間にリノベするのが流行っているようで、そんなショップ周りも楽しみのひとつだった。それって団体のツアーでは味わえないよね。

f:id:chezk087:20171217142154j:plain

台湾の人たちは実に信心深い。台北最古の寺、龍山寺では長い線香を手に熱心に祈る若者たちの姿が印象的だった。お供え物を置く台にはたくさんの供え物が並んでいた。私もみんなに負けないように、この1年の感謝と来年への思いを手を合わせ心からの祈りり捧げる。台湾は本当に何もかもが美味しい!!知人の紹介で行ったお店はすべて大満足!もう一度食べに行きたいお店ばかりだった。

f:id:chezk087:20171218171242j:plain

2017年、年明けと同時に始まった「ヨーガ療法学会 福岡」及び担当分科会での講演の準備などなど、ほぼ半年以上そのことに翻弄され、3日間の学会では全力を出し切った。終わってホッとする間もなく、試験勉強?!に追われ、その試験が開催間際に突然延期に。気が付けば今年残された月日を数える頃に。周りの出来事に振り回され、必死に走り続けた1年がようやく終わろうとしている。明日から始まる2018年は、自分のペースを大切に、自分時間も楽しんでこころ豊かに過ごしていこう。そして自分の土台をしっかりと安定をさせ、より一層感謝の思いを忘れずに、次なるステップに小さくても確実な一歩を踏み出していけたらいいな。目指すは「充実と安定の2018年」

月に1度の更新もままならないブログですが、細く長く続けていきますので、来年もよろしくお願いいたします。この1年の感謝を込めて。

★最近観た映画  「希望のかなた」 アキ・カウリスマキ監督作品

台北でまた食べに行きたいお店
 「雲南人和園」 雲南地方の食材を使った優しい味の中華
 「富覇王猪脚極品餐」 豚足料理のお店 安くて旨い
 「梅花庁」 ブラザーホテル3F ワゴンで運ばれてくる飲茶。ここの焼きビーフン 最高に好きです。