読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パザパ

パザパ pas a pas ・・・フランス語で一歩一歩。頑張らずでも一歩一歩前に進める日々を願って・・・

弥生3月から花咲く卯月4月へ

やっと桜の開花宣言をした福岡ながら、昨日は風が冷たい花冷えの1日だった。それでも花咲く卯月4月へ季節のバトンは確実に手渡されようとしている。花が咲く!我が家の小さな庭でもチューリップが球根からちゃんと芽を出しすくすくと育ち、小さな蕾が膨らんで「咲いた~♪ 咲いた~♪」の可愛い姿を見せてくれている。寒い冬をじっと耐え忍び、やっとやっと花開く!すごいね!感動だね!なぜかな、今年はいつも以上に開花の今がこころ深く、じ~んと染み入るように響いてくる。そういえば最近は休みの日ごとにそんな感動を味わいたくて出かけているな。

f:id:chezk087:20170312130832j:plain

3月の初めは海に浮かぶ相え島と宮地浜の鳥居と宮地嶽神社の鳥居が、一直線に続く参道が臨める結ばれる場所に立ち、感動!!今年は先月の2月17日、沈む夕日がこの直線状に結ばれて見える日があったとか。実は「光の道」として今人気のパワースポットだとか。嵐のCMで話題??民放観ない私は??その場所に立ち始めて知る。ミーハーながらすごいね!の思い倍増。

f:id:chezk087:20170327202314j:plain

神社の裏に惹かれる私は、その静かな後姿?にエネルギーをいただき、そこから続く奥ノ院へ導かれるように進む。え~!こんな場所があったんだ!正月に何度か初詣に訪れているのに、こんな奥まで来たのは初めてだった。巨大な石室にある不動神社はまさに聖地!更にその向こうに広がる広場に咲く緋寒桜。すごいね!ここも!

f:id:chezk087:20170319131039j:plain

お彼岸の日曜日は雷山にある千如寺雷山観音へ。友人がかって行ったという話を急に思いだし、ナビを頼りに出かけた寺でなんと空海さまの像に出会う。大覚寺派ながら真言宗のお寺だと初めて知る。像高463,6cmにも及ぶ鎌倉時代十一面千手千眼観音像の前に座し、響き渡る太鼓の音とお坊さんの唱える真言体幹に響きあい、体とこころの深いところに染み込んでいく。私の親しい人たちのことをひとりひとり思いながら、祈る。ひたすら祈る。

f:id:chezk087:20170327214144j:plain

帰り道立ち寄った小川の側に咲いていたれんげの花。満開の花の中で遊んだ日々があったなぁ。昔むかしへ思いを馳せる。一瞬だけど小さな花の向こうにおかっぱ頭の小さな私が透けて見えるような気がした。
春は変わらずにちゃんと訪れる。変わったのはすっかり年老いた私、でもこころはあの時のまま!?!

f:id:chezk087:20170326123831j:plain

で、先日の日曜日はご近所の園芸公園へ。スモモの花ってこんななんだ!と初ご対面にこころ躍らせながらその姿を撮る。そしてかっては子供たちや孫ちゃんたちを遊ばせた芝生公園を横切る。走り回る子供たちの姿に若いお母さんやお父さんの姿にかっての景色が重なる。ずっとずっと昔の景色が変わらずにここにある。でもその景色の主人公は全く違っているのだけれど。時は廻る、変わらずに廻る。その歯車の一翼に私がいた。確かに私がいた。

f:id:chezk087:20170326134734j:plain

そんな思いを抱えたまま園内を歩く。アーモンドの花が満開だった。アーモンドってこんな可愛い花を咲かせるんだね!花はあくまでも実りの時の序奏でしかない。大事なのは結実の時。
この春私はちゃんと私の花を咲かせ、次なる結実へと歩みを進ませることが出来るのかな、、花咲く時を迎え、自分に問う。この歳になっても咲かせる花が、実る時があるのかな?ないかもしれないな、とちょっと弱気な私が思うけれど、でもやはりあると信じて歩きたいよともうひとりの私が言う。そうだね、思いあればきっと実る!?花咲く卯月4月へ。今週末は桜を見に出かけよう!今週も一歩一歩。

★最近読んだ本  「しんせかい」 山下 澄人著  「ノラや」 内田 百問著
★最近観た映画  「わたしはダニエル・ブレイク」 ケン・ローチ監督