読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パザパ

パザパ pas a pas ・・・フランス語で一歩一歩。頑張らずでも一歩一歩前に進める日々を願って・・・

まだまだ頑張れる?!水無月に思うこと。

梅雨入り後ながら、未だそれほど湿度も高くなくまずまずの日々が続いている。私は相変わらずに元気で、特に痛いところもなく、何を食べても美味しくて、体を使って指導をする仕事を、多い日は1日3レッスンもこなせる体力と気力を保ち続けている。この夏にはいよいよ65歳になりわずかながらの年金も支給されるし、立派な高齢者になる身ながら。こんな元気な老後を送れるなんて、若いころの私からは想像が出来なかったなぁと改めて思う。元々運動音痴で全く体を動かすこともなく、結婚して出産後、すっかり体力が衰え、低血圧の頭痛持ちで疲れたらとにかく横になって休まないと役に立たないという情けない体だった。で、30歳になってから、このままでは老後は悲惨なものになる!!そう一大決心をして体つくりを開始した。

f:id:chezk087:20160613213356j:plain

以来35年、ジョギング、エアロビクス、クラッシックバレー、ジャズダンス、ウエイトトレーニング、気功、ヨガ・・・・ありとあらゆることをやり、結局ヨガが残った。(さすがに運動音痴ゆえ団体で行う球技は無理だったけれど)で、今はヨガの指導者として、この歳になっても働き続けている。人生わからないなぁ・・・と、改めて思う。そんな私がチャレンジしたくて未だ手を出せないでいるのがフルマラソン。自分を極限まで追い込む世界に憧れているものの、勇気がなくて結局一度もチャレンジできないまま現在に至っている。世の中で尊敬する人は小説家とマラソンランナー。

f:id:chezk087:20160613213648j:plain

そんな私の思いを知らないであろう息子が、極限も極限、山を駆け上がり駆け降りる過酷なトレイルランに挑戦を続けている。去年、京都比叡山で開催された「比叡山トレイルラン」に初挑戦し、ダントツビリながら完走した息子は、今年もまたその山を走った。しかも去年のタイムを2時間近く縮めて完走。忙しい仕事の日々、週末はほとんど京都の山を走り続けていたという。すごいな!!と、本当に思う。
そのレースの一部始終を綴ったブログ「今年も比叡山国際トレイルランを走りました」を読んで、母は泣いた。すっかり泣き虫になった自分に、歳だわとひとり語ちながら。ラストランは愛するお嫁さんと手に手を取って!!なんて素敵なん!と、このツーショットに幸せマーク一杯になった。

f:id:chezk087:20160613214020j:plain

スタジオやスポーツクラブ以外の場所で指導するときの必需品はヨガマットとラジカセ。そのラジカセがまたまた壊れた。ほぼ5年おきくらいに買い替えている。で、ヨドバシに走る。ラジカセは???ない!近くにいた販売員に聞いたら、このスピーカーを勧められた。JBL  HARMAN のスピーカーが今一番人気らしい。え???そうかぁ、もうCDは必要ないんだ。しかもラジカセよりずっとコンパクトで持ち運びも楽!!新しいもん好きな私は即買い!「色は何色が?」「オレンジ」迷わずそう答える。相変わらず第一のチャクラ、決断力を司る尾骶骨パワーは強い!!帰宅後早速スマホにレッスンで使う音楽を入れ、オレンジスピーカーで聴いてみる。丸いスピーカーから音が全方向に広がり、音もラジカセよりずっと重厚感がある。防水加工もあってお風呂でも野外でも使えるという。なんか嬉しい。家電オタクの私。

f:id:chezk087:20160613215247j:plain

映画オタクでもある私が大好きな監督の一人はフィンランド人のアキ・カウリスマキ監督。「浮き雲」「愛しのタチアナ」「過去のない男」「街のあかり」など、ずっ観つづけて来た。そんな監督の国へ死ぬまでに一度行ってみたいと思い続けて来た。福岡、ヘルシンキ間が今春4月から10月まで試験的に?直行便が運航されることを聞いてひそかに狙っていた。で、今月末、第5週でレッスンもないし、後はなんとか代行レッスンを頼めそうなので、行くことにした。憧れの街、ヘルシンキへ・・・・カウリスマキ監督の映画の世界&日本映画「かもめ食堂」の映画の世界はもちろんながら、大好きなマリメッコイッタラなどの素敵な北欧デザインも見逃せない!やはりながら北欧の森にも行ってみたい。ついでに隣国エストニアの首都タリンへも足を伸ばし・・・往復の飛行機とヘルシンキのホテルは抑えたから、後はのんびり気ままに北欧の夏を楽しむつもり。

f:id:chezk087:20160613221921j:plain

この数年はずっとインドへの修行の旅ばかりだったから、そんな世界から離れた旅は本当に久しぶりだな。日常から離れた場所で、私はどんなことを感じ、自分をどんな風に見つめ直すのかな?村上春樹の「ラオスにいったい何があるというんですか?」の中に、ヘルシンキを旅した「シベリウスカウリスマキを訪ねて」という章がある。春樹さんの旅を等ってみたいという思いもある。「旅先で何もかもうまくいったらそれは旅ではない」・・・確かに!!大変だった旅ほど記憶に深く刻まれている。どんな大変に出会うかな?楽しみにしながら旅支度をしようかな・・・・でもその前に・・・・
今週も一歩一歩、信じた道をこころ尽くし歩いていこう。

★最近観た映画  「永遠のヨギー」  ヨガをめぐる奇跡の旅  ヨガナンダの生涯