読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パザパ

パザパ pas a pas ・・・フランス語で一歩一歩。頑張らずでも一歩一歩前に進める日々を願って・・・

2015年の終わりに思うこと

なんと3か月ぶりに「パザパ」に向かい合う。ほとんど消え入りそうなブログながら、かくも長き不在の理由は?あげれば限りなくあり、でもそれはきっと言い訳に過ぎないのかもしれない。しかしこの1年益々仕事が忙しくなり、追われるように日々を過ごし、走り続け、やっとほっとしたらもう今年も終わりの時になっていた。

f:id:chezk087:20151230223017j:plain

全てから解放されて過ごす9日間のお休み!!でも主婦だからお正月を迎える準備に毎日大忙しで過ごしているのだけれど、台所やお風呂の汚れに格闘したり、お節の準備に台所で立ちぱなしで過ごす時間は、実は結構楽しい。ヨーガの指導って、意外に体以上に頭を遣い集中することが多いから、何にも考えずに黙々と作業に集中する時間で、スイッチが切り替えられていく気がする。博多のお節の代表格?!がめ煮の下準備をするために、ゴボウ、里芋、人参、蓮根さんたちの皮を剥いていると、この皮もったいないなぁ・・・と、思えてくる。せっかく産まれて?きたのに、ゴミに捨てられてしまうなんて。そうだ、木浦の畑のように野菜の皮をポット?に入れて堆肥にしようかな・・・そんなことを真剣に考えながら野菜さんたちと向かい合う。いつもはそんな余裕なく過ごしているから、そんな気づきにちょっとウキウキしてみたり。

f:id:chezk087:20151230222902j:plain今年は本当にいろんなことがあったなぁ。家人も寝て静かになった居間で、猫ちゃんふたり?!しみじみと振り返る。一番はやっぱり息子のお嫁ちゃんのことかな。随分随分心配した。いっぱいいっぱい祈った。姑って寂しいね。そんなことしかできないわが身に何度も自問を続け、涙したこともあったっけ。でも神さまに思い通じ、ではなくて彼女の頑張りが実を結び、命が輝きをさらに増すことが出来た。逆境に何を学び、次のステップに繋げるか、彼女から学んだ1年だった。

f:id:chezk087:20151230224158j:plain

4月から始まったがんセンターでの患者さん対象のヨーガ教室も彼女のことがあったから頑張れた気がする。入院患者さん対象の教室なので毎回参加者が変わり、その方たちの症状も異なる。準備したことが通用せず、ヨーガ療法士としての自分の資質が問われる時間は、実は緊張の連続だった。でも、私の一言一言に懸命に耳を傾け、答えて下さる患者さんの姿を目にすると、大きな責務を感じる。そして教えられる。こんな私でも役に立てることがある、頑張らなくては!と。

f:id:chezk087:20151230224242j:plain

今年はがんセンターだけではなく、長い間避けてきたスポーツクラブでの指導も再開した。表向き元気そうな皆さんも結構いろいろありかなと思いながら、スポーツクラブでは体よりこころへのアプローチも試みながら、元気でピンコロ??ではないけれど、未病への指導も私の仕事かなと思っている。

 

母は相変わらず機械に繋がれ、食べる楽しみも喋る楽しみも失われたまま、来る新年も今年同様病院で迎える。だから新年が明けたら母の病院へ行く。今年は大雪で片道5時間近くかかったけれど、新年は今のところお天気にも恵まれそうだから、スムーズかな・・・

f:id:chezk087:20151231092444j:plain

2015年、大変だったけれど、忘れられない年になった。「災い転じて福となす」結局何を掴むかだよね。夕方見ていたTVで徹子さんが言ってた言葉・・「優」・・・どんな相手でもまずは理解すること。それぞまさにヨーガ療法士に一番大切な言葉。いただきました~!!来年は「優」一層優しい自分でいたい。で、今できることを全力で尽くす!そんな姿勢は変わらず、不器用だけど懸命に生き尽くす。ありがとう、2016年。

明日から始まる2016年、またどんな出会いや感動が待ち受けているか、楽しみにしながら変わらずの一歩一歩・・・・・