読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パザパ

パザパ pas a pas ・・・フランス語で一歩一歩。頑張らずでも一歩一歩前に進める日々を願って・・・

あなたのことを想っています。

梅雨真っ盛りの6月を「水無月(みなづき)」とは、なぜ??調べたら「無(な)」は連帯助詞の「の」を意味して「水の月」という意味だとか。なるほど・・・・で、梅本番の今、九州南部は大雨が続いているけれど、北部の福岡ではあまり雨も降らず、湿度も高くない日々が続いている。でも今日は雨。そして気が付けばすでに7月、文月。今年も半分が過ぎ去ってしまった。博多の街は飾り山の時を迎え、これから祭り一色の夏へ騎り始める。

f:id:chezk087:20150706220637j:plain

自分の今と静かに向かい合う「パザパ」時間を、出来るだけ持ちたいと願いながら、結局6月は一度も更新できずに終わってしまった。忙しいヨーガライフに加え、高齢の母がまた再びの肺炎で、ここ一か月ほど仕事のない日&月曜日は。母が入院する別府の病院に通い続けていた。母の症状は相変わらず予断を許さない不安定な状態が続いているが、「今週末は来なくて大丈夫だよ」との姉の言葉に甘え、昨日の日曜日はほとんど一か月ぶりにゆったりとした休日を過ごすことが出来た。さて、溜まった家事を片付けて、ゆっくり読書をして・・・・と、張り切っていたのに、どうしたんだろう?鉛のように体が重い。眠い。さすがの私もついにダウンか?!結局なんにもできないまま、ひたすら眠り続けた。こんなに眠ったのはいつ以来だろう??で、あっという間に日曜日が終わった。

f:id:chezk087:20150706220811j:plain

やっと復活した夜、「そうだ今日は父の命日だった」と気づいた。今から17年前の父の日の夜、父の日に送ったプレゼントのお礼の電話が父からかかってきた。「ありがとう」・・・・腎臓がんの手術後人工透析の日々となってから、父の声はか細くなって、会話も短くなっていた。そしてそれが父の声を聴いた最後だった。
2週間後の7月5日の早朝、隣に寝ていた母も気づかないまま眠るように旅立った。
公務員で、経理の課長と務めていた父は、とにかく几帳面な性格で、なんでもきちんと整理し、ノートに細かに記録していた。大学時代、親元から離れて暮らしていた時もまめに手紙をくれたのは父であった。そしてとにかくお酒が大好きで、酔うと踊ったり歌ったり、陽気な父に変身していた。そんな酔っ払いの父が嫌いだと思った時もあったな。

f:id:chezk087:20150706221955j:plain

でもそんな父の気質をそのまんま受け継いでいる私がここにいる。おおざっぱな自分の中に結構几帳面な自分がいたり、書くことは嫌いじゃないし、もちろんお酒も強い!ただイケメン?の父に比べたら顔のパーツは全く似てないけれど。
「どうかお母さんの症状が少しでも楽になりますように!笑顔が見えますように!」眠る前、ここんとこずっと夢に現れない父に、そうお願いした。

f:id:chezk087:20150706222607j:plain

 そんな父が生前溺愛していた孫、つまり私の息子が信じられない偉業?を成し遂げた。京都比叡山で開催された「比叡山トレイルラン」に初挑戦し、なんと完走。参加者のほぼ半数が完走を果たせなかった過酷なレースで、順位409番、11時間という制限時間の33秒前のゴールだった。ダントツビリながらその凄まじい挑戦の一部始終を記した記事が、トレイルラン専門誌「RUN+TRAIL」に掲載された。
私と同じく運動神経ゼロ!体を動かすなんて無縁の世界にあった息子が、信じられないほどの過酷な世界に挑戦をし、ボロボロながら完走した。すごいね!きっと天国の父もそう思っているよね。
人はね、その気になって懸命に頑張ったら、何でも出来るんだね。でもその人を支えてくれる人とか、その人の大事な人への想いとかあるから頑張れるんだよね。母から父(祖父)へ、祖父から孫へ、そしてその家族へ、関わっているみんなへ・・・熱いメッセージが繋がっていくことを想う。

久しぶりの「pas a pas  パザパ」。庭に実る夏野菜の写真と共に、私や私の家族や私を支え励まして下さっているみんなに、感謝の気持ちいいっぱいいっぱい抱いて、今週も頑張ります!!変わらずの一歩一歩。