パザパ

パザパ pas a pas ・・・フランス語で一歩一歩。頑張らずでも一歩一歩前に進める日々を願って・・・

日曜日

日曜日のお楽しみは朝寝。何にも仕事がない日だから、急いで起きなくてもいい。

だからだらだらとベットの上で夢とうつつの世界を彷徨う。

この歳になっても早起きは大の苦手。まぁ仕方ない。夜8時から始まるヨーガの

レッスンを週3夜もやってるんだもんね。どうしたって夜型になるんです。

今朝はいつもより早く、8時半に起床!!

で、枕元にはいつもながら積読本とディスコちゃん。平和な日曜日が始まりました。

f:id:chezk087:20140316082402j:plain

 

日曜日はまた夫孝行?の日。いつもはほとんどすれ違い?夫婦ゆえ、日曜日は

出来るだけ一緒に過ごすようにしている。今日は夫の春の服を買いに天神へ。

ほかほか陽気に誘われて、街はいっぱいの人で賑わっていた。

買い物をして、お昼を食べて、絵に描いたような?平和な日曜日を過ごす。

帰宅後、ずっと気になっていた2階の本棚の整理をした。不要の雑誌や本や

ノート類の山がいくつも出来た。お蔭で本棚や引き出しにゆとりが出来た。

それがこころのゆとりになる気がした。片付けはつまりこころの整理にも

繋がるのかもだね。

f:id:chezk087:20140316200226j:plain

そして片付けとは過去との遭遇!にも繋がる!!今回出会ったのは小学校の通信簿。

お母さん!!こんなものもあんなものもちゃんと捨てずに残しておいてくれたん

ですね!!現在はまだらボケ状態の母に感謝しつつ。

「交友関係はよいが、地味なほうである(1年生)」「今少しの迫力が欲しい(2年生)」「もっと積極的で快活であると申し分なし(5年生)」「強い積極的態度を持って欲しい(6年生)」その通信簿に書かれていた先生の言葉。

変えられないのは過去と他人。変えられるのは自分自身。そう、自分は変えられる!

引っ込み思案で自信がなくて、いつも周りの反応を伺ってばかりいた転校続きの

少女時代を経て、今の自分があることに改めて気づかされた。

で、貪欲ながらも改めて思う。私はこれからまだ変われるんだろうか?

変わりたい!と願う気持ちがあるかなしか。すべてこころの持ち方次第・・・だね。

「一月往ぬる。二月逃げる。三月去る。」という言葉を、昔々憧れていた先輩は

「一月いっとき。二月ニコニコ。三月さよなら。」と、言った。

過ぎ去った日々に別れを告げながら、さよならの三月が過ぎ去っていく。

桜咲く4月にはどんな出会いが待っているのかな・・・

わくわくの思い抱え、でも変わらずの一歩一歩。

 

 

広告を非表示にする